富山ドローンステーションドロステ

空からしか見えない
景色がある

Sky life for everyone
いつかあたりまえになることを

トヤマドローンステーション ドロステ
JMA(日本マルチコプター協会)認定
ドローンパイロットスクール
JMA

ビジネスでも大活躍!ドローンパイロット
養成スクール受講生募集!!

操縦

最新情報

高まる国内
ドローン市場規模

ドローンが国内市場に出回り始めた2016年には353億円程度だったものが 2020年には1932億円と5年間で約5.5倍に、 2025年には6427億円と10年規模で見ると約18倍凄まじい成長率が見込まれています。
これはドローンが「あたりまえ」になる裏付けであり、 また昨今の新型コロナウイルスの影響などにより、新しい生活様式が求められている中で、 更に市場規模は加速していくと見られています。

国内のドローンビジネス市場規模の予測
ドローン市場調査2020
サービス市場の分野別市場規模
ドローン市場調査2020
出店:「ドローンビジネス調査報告書2020」インプレス総合研究所より

また、サービス市場を産業分野別にみると、特にインフラや設備点検の現場でドローンが普及していくとみられています。
橋梁、鉄塔、基地局、発電施設、プラント、工場やビル、船舶といった点検対象となる構造物に対して、ドローン活用が有効であることが理解され、 インフラや設備点検分野の利用が拡大していくことが予想されます。
機体の小型化・性能の向上により、工場や倉庫などの屋内、トンネルといった環境でもドローンを活用した点検が行われ始めており、 今までの人間による点検で危険が伴う場所や点検自体が困難だった場所での活動をドローンが行う新たな点検分野市場を開拓していく可能性があります。

ドロステが選ばれる理由

国交省の
全国包括申請
について

ドローン飛行許可=国交省『全国包括申請』といえます。
養成コース修了者には、国土交通省の飛行許可(全国包括申請)取得を当スクールが代行します。


国交省の飛行許可(全国包括申請)は1年毎に更新が必要です。それに伴い「JMA無人航空機認定証」も1年毎に更新いたします。JMA会員特典として更新手続き・更新認定証発行・追加機体登録など各種手続きを代行いたします。
※初年度無料|2年目以降16,500円(税込)


航空法によって飛行規制されている空域※1承認が必要となる飛行方法※2でドローンを飛ばすには、事前に国土交通省への申請を行い、許可・承認を受ける必要があります。これはドローン操縦者にとって、必ず必要な手続きです。航空法に違反した飛行をすると「無人航空機の飛行等に関する罪」が適用され、50万円以下の罰金に処されます。ケースによっては逮捕の事例もあります。

 

 飛行の許可が必要になる空域 ※1


① 空港等の周辺上空の空域
② 人口集中地区の上空
③ 150m以上の高さの空域

 

承認が必要となる飛行方法 ※2

④ 夜間飛行
⑤ 目視外飛行
⑥ 人や建物等と30m未満の飛行
⑦ イベント上空飛行
⑧ 危険物輸送
⑨ 物件投下

 

②④⑤⑥⑧⑨についてはJMAで申請致します。

⑧⑨については専用の機体があれば可能。

①③⑦個別の申請が必要。(特定の場所、経路で飛行する申請)

 

 


包括申請とは

  • 国土交通省への申請は、ドローンを飛ばすごとに事前に必要書類を作成し郵送ないしは持参・提出する方法と、オンラインによる方法があります。これらを「個別申請」と言います。
    ドローンを飛ばす度に書類を作成し「個別申請」することはかなり面倒な作業になります。
    そこで便利なのが「包括申請」です。
    包括申請とは、一定期間内(最長1年)に反復してドローンを飛行させる場合に、許可申請を1度にまとめて行える仕組みです。繰り返し行うフライトの許可申請を1回にまとめることができるため、業務の省略化ができます。
  • 包括申請には保有ドローン機体番号と認定証との紐付け登録が必要となりますが、
    当スクール終了者の方には追加・更新も含め、当スクールで代行致します。
  • 国交省の飛行許可(全国包括申請)で許可を得ることで、航空法に定められている飛行機が禁止の空域(人口集中地区)を飛行することが可能になります。また、同法に定める飛行に承認が必要となる飛行方法についても可能になります。また、申請にあたっては保有ドローン機体番号と認定証との紐付け登録が必要となります。

産業に活かす
ドローンのスキルを
習得!

現在、様々な産業でドローンは活用されています!

コース紹介・料金

JMA認定パイロット養成コース
(2日間)申請コミコミパック養成コースに包括申請・機体初期設定など追加した、コミコミコース。

150,000円(税別)
  • 座学・学科講習 ・無人航空機の基礎知識
    ・航空力学
    ・関連法令
    ・安全運行管理
    ・DJIGOアプリの操作設定
    ・座学試験
  • 実技・操縦訓練 ・基本操縦操縦
    ・GPS環境下外の訓練
    ・モニターを使用した目視外操縦飛行訓練
    ・DJIGOアプリの操作実践応用
    ・フェイルセーフ実地訓練
    ・機体整備点検
    ・実技試験
上記コースには、国交省の全国包括申請許可(包括申請)、認定証発行、
飛行実施報告(計4回)、機体 初期設定がコース料金に含まれます。 ※申請にはドローン機体の登録が必要となります。
法人のお客様は助成金が利用できます!
詳しくは「人材開発支援助成金(厚生労働省)」HPをご確認ください。

ドローンスクール
開催スケジュール

お申し込み

出張講習も承ります

●会議室のような座学スペース
●実機ドローンを操縦できる屋外または屋内スペース。
※10m×10m×5m(縦・横・高さ)以上(2~5名時)が必要となります。
※各種カスタマイズも可能です。


出張講習の
お問い合わせ

COMING SOON

10月より農薬散布
スクール
開講予定!